美容の最近のブログ記事

お肌の悩みで最も多いのは毛穴の悩みだそうです。
毛穴の悩みと言っても、毛穴の黒ずみや毛穴のたるみなど様々。
毛穴のたるみをそのままにしておくと、皺になったり、ほうれい線になることもあります。
ですから、毛穴を引き締めるようなケアをこころがけましょう。
しかし、自分で毛穴のケアをしていても、毛穴の引き締めたり、リフトアップするのは中々困難です。
そのような難しいケアはプロのエステシャンに集中ケアしてもらうのが得策。
特におすすめなのは、フェイシャルエステの毛穴コースです。

フェイシャル毛穴エステの申込をするより先に、体験プランで技術や効果を確かめるのがおすすめです。
いくつかのサロンによっては体験プランなどがないケースもあります。
毛穴エステサロンでケアをしている方を良いなと感じる女性が多いかもしれません。
この頃では、毛穴エステティックサロンの料金もお手頃になってきました。
1回の料金は安いとしても何度もリピートするようになるとちょっとした出費になります。

エステと言ってもその会社ごとに力を入れている施術が違います。
例を挙げると、フェイシャルが得意なところ、ボディケアを得意とする毛穴エステなどがあります。
ですから、何が目的なのかにより毛穴エステを選択することが必要です。
今回は毛穴のケアが目的なので、毛穴のケアを行っているエステやフェイシャルエステを選択します。
毛穴コースを用意しているエステは沢山あるので、どこが良いのか選ぶのは大変です。
おすすめの毛穴エステについてはこちらが参考になるでしょう。

毛穴エステサロンを選択する際には曖昧でなく受けたい内容を明確にすると良いです。
特に初めてという方はまずは体験プランを受けることが良いでしょう。
毛穴エステのプランに申し込むとういのは高額な支払いをするわけですから技術のあるサロンに通うのが良いです。
そのためには、事前に調査することが重要です。

横浜でAGAクリニックを探すなら

AGAを自覚し始めてから5年もすると単位面積あたりの髪が250本も減少していると言われています。
薄毛の治療は多くの病院で行えます。
しかし、育毛剤を処方するだけの治療だとそれほど効果は期待できないのが実情です。
薄毛治療の専門医院の方がきめ細かいケアが期待できるでしょう。
大げさに聞こえるかもしれませんがAGAの治療によって自信を取り戻す男性もいます。
発毛治療を手がけている病院はいろいろ存在しますが、薄毛治療を専門に行なっているところが良いでしょう。
どの病院でも同じだと考えているならそれはちょっと違います。
薄毛治療には色々とあるわけですがそれらの1つを説明します。
ハーグというもので、育毛メソセラピーの中でも最新のものと言われている方法です。
クリニックでの発毛治療を受けようという方は、前もって幾つかのクリニックの料金を確認してみることをおすすめします。
実際の治療費や薬代というのは、自分の薄毛の進行具合や、どの程度回復したいかで変わってきます。
治療を始める前にカウンセリングで治療にいくら掛かるかを説明してくれます。
考えられるケースとして、明確な料金を説明してもらえないときはそのクリニックでは治療しないほうが良いかもしれません。
ヘアサロンとは違い、専門医院ならこれまで改善が難しいと言われていた薄毛も高い発毛効果が期待できるのです。
横浜はAGAの治療を行っている専門のクリニックが多いですね。
選択肢が豊富ですと、逆にどこが良いのか迷うことも多くなります。
横浜でおすすめのAGAクリニックを探すならまずはこちらを見てください。
医院によっては治療した人の大部分の方が高い発毛効果を実感しているそうです。
HARGのヘアカクテルは薄毛治療をする医院ごとに違い、様々な育毛成分等を、患者ごとに調整しています。
薄毛の治療は国民健康保険が適用外となるので、治療は他の病気に比べて高く感じるかもしれません。
しかし、自分の悩みが解決されるなら、専門医院の治療のほうが良いといえます。
HARGによる薄毛治療はAGA治療に限られたものではないので、円形脱毛症や感染後脱毛症などにも有効です。

アドラー心理学と思春期の過ごし方

過去は変えられないけれど、再定義することはできる。

というのが今人気のアドラー心理学です。フロイトさんとはだいぶ違うアプローチを
するのが特徴で、現代人にはこっちのほうがいいと思います。

過去に嫌なことがあり、それが現在影響しているとあのときのあの経験が
今の自分の状態の原因になっていると辛く思ってしまいがちですが、
あのときの体験があるから今の自分があるという再定義もできるわけです。

つまり今の自分を変えることで過去の解釈も変わるということです。

学生のころにニキビができて、それを潰してしまったために大人になった今も
汚い肌でいなければいけないという経験が、お笑い芸人になることで、ニキビの話で
笑いがとれるようになり、CMにもでるきっかけになるわけです。

そう、ブラマヨの吉田さんのことです。

子供の頃に「思春期ニキビとの付き合い方」を学んでいればと思う人は多いと思います。
しかし、 災い転じて福となすという考え方がアドラー心理学のエッセンスだってことです。

まぁもちろんニキビの話なんてものはかわいいもので、人生にはそれより辛いことが
あり、それによって苦しめられている人もいると思いますが、それでも過去を責めても
何にもならないのは間違いないことです。


肌本来の機能を信頼するということ。

加湿器がエラーでるぐらい乾燥してますよね、今日は。

資生堂が行ったある実験によると湿度の高い部屋と低い部屋で比べた場合、
湿度の低い部屋で過ごした人のほうが角質層(バリア機能)が厚くなったそうです。

外気にあわせて絶妙に肌の環境を調整する機能が備わっているってことですね。

冬の保湿というとまず加湿器を使って湿度を維持しようとしますよね。そうすることで
乾燥が防げるからです。湿度が低いと肌内部の水分がでていきやすくなりますから。

確かにその通りなんですが、資生堂の実験によると環境にあわせて肌も適応すると
いうことなので、一時は乾燥するかもしれませんが、そのうち肌のほうも慣れてくる
ので乾燥しなくなるってことなんですね。

なので、あまり加湿器を焚いたり、ベタベタとクリームを塗って肌を守るという
ことはしないほうがいいかもしれません。仮説ですけどね。

詳しくはコチラ>>保湿ケアの正解&不正解

肌が甘えるということではないんですが、あまり手をかけすぎると肌本来の機能を
引き出せなくなるということはあるかもしれないってことですね。

化粧品に頼らなくても肌を信じてあげればトラブルは解決するってことですね。

大人ニキビ対策のポイント

よく知られているニキビができる原因は、毛穴が汚れでふさがれてしまい、炎症を起こすことです。
ですからまずは、毛穴の汚れをしっかりとることがニキビ対策になります。
しかし、毛穴の汚れをとっているのにニキビができてしまうこともあります。
特に大人ニキビの場合は、そのようなことがあります。
では、どのような対策をとったら良いのでしょうか?
それは、まずは保湿です。
思春期ニキビと違い、大人ニキビでは保湿することが大切になってきます。
そういう観点でニキビケアアイテムを探していくと、今までとは違った結果が待っています。
大人ニキビを治すための化粧品等を調べるならこちらが詳しいです。
もし、今まで良い結果が得られていないという方は、保湿を十分に行っていたかを確かめてください。
そして保湿が十分でなかったとおもうなら、保湿対策も行えるニキビケアアイテムを使ってみると良いでしょう。

瞳を襲う2つの乾燥対策

目の乾燥には2つあります。

1つはドライアイです。この文章を書いている私の目もドライアイで今この瞬間も
シパシパしてます。どうしよう?目薬買ってこなきゃ!

もうひとつが目元、目の周りの乾燥です。これは目の周りの皮膚が薄く皮脂腺も
少なく皮脂がないことから乾きやすいことが原因です。細かいシワができますよね。

そんな感じで、心の窓である瞳はとても乾きやすいんです。

ドライアイは目薬したり、パソコン時間を減らすとかで対策します。根本的に
治るものなのかはちょっとわかりません。いい目薬はあるみたいですけどね。

目元の乾燥の場合は、クリームを塗って油膜を張って皮脂代わりにするという
方法があります。油分を補えてなおかつ有効成分の働きで、エイジングケアも
できたりできれば最高です。

最高を探せ!⇒目元の乾燥対策に!保湿クリーム<ベスト3>

加齢はもちろん、生活環境の影響を受けるのが目元です。加齢というと避けられない
気がしますが、加齢=老化ではありませんし、老化要因というのは遺伝が25%で、
残りは環境だそうです。

つまり、気をつけてケアすれば、若さと美しさのピークは伸ばせるということです。

有名メーカーから登場しているゲル

多くの化粧品メーカーからオールインワンゲルが登場しています。
例えば、ヘアケアアイテムで有名なラサーナからも出ています。
どんな方を対象にしているかというと、年齢肌を気にしている、手軽にスキンケアをしたい、肌のハリを取り戻したい、といった人です。オールインワンゲルは1つのアイテムで短時間でお手入れが完了するので、時間もお金も節約できる化粧品です。
一度使ってみるとその便利さ、手軽さを実感できると思います。
他にも様々な有名メーカーからでているので、興味がある方は見てみてください。
オールインワンゲル人気ランキング【目的別分かりやすい選び方】
ニキビにおすすめのものや、敏感肌でも使えるものなど、それぞれに特徴があります。
自分の悩みに合ったものが見つかると思うので探してみるのも面白いです。

ニキビというとアクネ菌の異常増殖が原因です。

そのためこのアクネ菌を殺菌することがニキビを鎮める方法としてあるわけですが
あまり強い殺菌剤というのは肌に必要な他の常在菌も殺してしまうので、むしろ
肌の健康を害して、肌荒れなどの原因になります。

これは本当に注意が必要です。

噂によるとボラギノールとかマキロンとかイソジンとか殺菌作用があるということで
ニキビに塗っている人がいるみたいですが、やめたほうがいいですよね。

肌にとっては明らかに負担が多すぎます。

オロナインを使うときもそう考えると注意が必要です。オロナインは一応ですが
ニキビにも効果があるものなんですが、それは炎症を起こしたもの限定です。

ただの毛穴詰まりに使ってしまうとお伝えしたように常在菌を殺してしまうし、
油分が余計に毛穴詰まりを強固にしてしまうので炎症を促す恐れがあります。

ということでこの人もオロナインは赤ニキビだけに使おうと提言してます。
この人です。>>オロナインを使って赤ニキビを治す方法

基本的に医薬品は用法容量を守って使うというのが基本です。いくら殺菌作用が
あるといってもニキビに使っていいという表記がなければ使わないほうがいいです。

肌が乾燥したら化粧水で保湿するという人は多いです。

乾燥=水分不足なわけですから化粧水で水分を補うことが保湿になるということですよね。
でもちょっと立ち止まって考えてほしいんですが、そうして化粧水で水分を補給することで
乾燥肌は改善されているでしょうか?

おそらくされていないと思います。

理由はすごく簡単で水分を与えても肌に浸透しないからです。さらにいうと肌を塗らすほど
それが蒸発するときに肌の水分を奪うのでより乾燥するというおまけつきです。

ということで化粧水というアイテムの正しい位置づけというのはその後に使う美容液やクリームの
浸透を促すための整肌を行うというものであって保湿アイテムではないってことなんです。

※水分ではなく保湿成分を補給することが大事です。詳細はセラミド保湿で透明感がアップ!?

ただ、日本人女性の間では化粧水=保湿というイメージができあがっていますし、化粧水を
たっぷり使ってもらってどんどん乾燥肌になってもらったほうがより化粧水が売れますし、
保湿クリームなんかも売れるようになるので化粧品会社にとっては今の状況は都合がいいんですね。

化粧品会社からお金をもらって記事や本を書く美容評論家や研究家の方々もあえてそこには触れません。皮膚科の先生が書いた美容本にはこのあたり詳しく書いてあるのでチェックしてみてください。

そんなわけで化粧水というものにたいしては効果を期待するものではないし、使うにしても
高いものを使うというのは愚の骨頂ということは覚えておくといいと思います。

ニキビ跡が残ると本当に大変ですよね。医療が進歩した今では治せませんから。
最終的には肌を入れ替える治療になると思います。

いまでも皮膚組織を培養したものを植皮するという治療法はあるんですが、
そんな感じになるでしょうね、将来的には。

なぜ炎症したニキビ跡が肌に残ってしまうのか?というと真皮が傷ついてしまうから
なんですね。この真皮というのはターンオーバーしないので傷が残ると残るんです。

擦り傷や切り傷も傷口が深いと皮膚が盛り上がって治っていると思うんですね。
あれも真皮にまで傷がついたからあんな風になってしまうというわけです。

それからニキビ跡の間違いとしてよくあるのがニキビ跡がホクロになるという奴です。

確かに色素沈着も放置しておくと盛り上がってくることがあります。これをホクロといえば
ホクロといえますが、全く別物で、脂漏性角化症というものだと思います。

こちらに詳細:ニキビ跡がホクロになる?ニキビ都市伝説SP

放置すればニキビ跡も成長してしまういい例ですね。

そんなわけでニキビ跡の炎症が残ったのもについてはしっかりメラニンを還元する
美白成分を利用して早めにきれいにしたほうがいいですよ。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち美容カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは雑学です。

次のカテゴリは脱毛です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。