アドラー心理学と思春期の過ごし方

過去は変えられないけれど、再定義することはできる。

というのが今人気のアドラー心理学です。フロイトさんとはだいぶ違うアプローチを
するのが特徴で、現代人にはこっちのほうがいいと思います。

過去に嫌なことがあり、それが現在影響しているとあのときのあの経験が
今の自分の状態の原因になっていると辛く思ってしまいがちですが、
あのときの体験があるから今の自分があるという再定義もできるわけです。

つまり今の自分を変えることで過去の解釈も変わるということです。

学生のころにニキビができて、それを潰してしまったために大人になった今も
汚い肌でいなければいけないという経験が、お笑い芸人になることで、ニキビの話で
笑いがとれるようになり、CMにもでるきっかけになるわけです。

そう、ブラマヨの吉田さんのことです。

子供の頃に「思春期ニキビとの付き合い方」を学んでいればと思う人は多いと思います。
しかし、 災い転じて福となすという考え方がアドラー心理学のエッセンスだってことです。

まぁもちろんニキビの話なんてものはかわいいもので、人生にはそれより辛いことが
あり、それによって苦しめられている人もいると思いますが、それでも過去を責めても
何にもならないのは間違いないことです。


このブログ記事について

このページは、投稿が2015年1月22日 19:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「肌本来の機能を信頼するということ。」です。

次のブログ記事は「花見に行ったよ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。